SwitchBox > デザイン・アート > 映像作品 > 言葉の音そのものを映像で表現した共感覚的アニメーション作品「こうこう」

言葉の音そのものを映像で表現した共感覚的アニメーション作品「こうこう」

2013年04月05日
言葉の音そのものを映像で表現した共感覚的アニメーション作品「こうこう」

今回紹介するのは「こうこう」というアニメーション。無意味なはずの言葉から音の響きだけを取り出して、浮かぶイメージを映像にしてしまったという作品です。意味はなくても音と映像のつながりを見つめているだけで、心をガンガン刺激してくる感覚が不思議。

動画はこちら

再生時間は、6:12。不思議なイメージの世界に没頭してみたいという人は、ぜひ全画面表示で見てみてください。

紹介した動画
こうこう | koukou

…というわけで今回は、抽象的なアニメーション作品「こうこう」の紹介でした。見入るほどに音と映像の繋がりが気持ちよくなっていきます。無意味なはずのもので、人の心を動かせるなんてすごい。

言葉の音そのものを映像で表現した共感覚的アニメーション作品「こうこう」
この記事は気に入ってもらえましたか?

記事が役に立ったり楽しかったときは、ぜひシェアしてみてください。
なるべく人気カテゴリーの記事を増やして便利なサイトになるように頑張ります!

オススメの記事

おすすめ記事はこちらです。



RSS

RSS登録はこちらから。好きなカテゴリーだけを選んで登録することも出来ますよ。

トップ / プライバシーポリシー
ページトップ