SwitchBox > デザイン・アート > 写真・イラスト > なんだこの迫力は!?教会やレストランを超広角360°で捉えた写真作品

なんだこの迫力は!?教会やレストランを超広角360°で捉えた写真作品

2013年11月08日
なんだこの迫力は!?教会やレストランを超広角360°で捉えた写真作品

今回紹介するのは、フランスの写真家 Clement Celma さんの作品です。レストランや協会などの室内が360°見渡せる超広角レンズで撮影されていて、写真なのにまるで抽象画のような美しい幾何学模様が出来ています。思わず圧倒されますよ。

教会やレストランを超広角360°で捉えた写真作品 - 01
教会やレストランを超広角360°で捉えた写真作品 - 02
教会やレストランを超広角360°で捉えた写真作品 - 03
教会やレストランを超広角360°で捉えた写真作品 - 04
教会やレストランを超広角360°で捉えた写真作品 - 05
教会やレストランを超広角360°で捉えた写真作品 - 06
教会やレストランを超広角360°で捉えた写真作品 - 07
教会やレストランを超広角360°で捉えた写真作品 - 08

出典:Little Planets | Traditional Photography | Clement Celma Photography

…というわけで今回は、フランスの写真家 Clement Celma さんのレストランや教会を超広角で撮影した写真作品でした。360°の画角だけでも凄いですが、被写体が左右対称の建築物というのが幾何学的な美しさを引き立てていますよね。

なんだこの迫力は!?教会やレストランを超広角360°で捉えた写真作品
この記事は気に入ってもらえましたか?

記事が役に立ったり楽しかったときは、ぜひシェアしてみてください。
なるべく人気カテゴリーの記事を増やして便利なサイトになるように頑張ります!

オススメの記事

おすすめ記事はこちらです。



RSS

RSS登録はこちらから。好きなカテゴリーだけを選んで登録することも出来ますよ。

トップ / プライバシーポリシー
ページトップ