SwitchBox > ソフト・サービス > フリーソフト > 無料で高機能!写真のRAW現像が出来るフリーソフト「RawTherapee」

無料で高機能!写真のRAW現像が出来るフリーソフト「RawTherapee」

2013年04月01日
PC環境:ver 4.0.9.50 / Windows7
無料で高機能!写真のRAW現像が出来るフリーソフト「RawTherapee」

「RawTherapee」は、一眼レフカメラなどで保存できるRAW形式の画像を編集できるフリーソフト。JPEG画像を使うのに比べてさらに高品質な色調整ができます。フリーなのに有料ソフトに負けない高機能で、こだわりの写真が作れますよ。

RawTherapeeのダウンロードページ

ダウンロードページは以下になります。自分の環境に合わせてソフトをダウンロードして、インストールしましょう。
Raw Therapee – ダウンロードページ

ダウンロードからインストールまでの詳しい手順は以下の記事で紹介してます。必要なときは参考にしてみてください。
ダウンロード&インストール:RAW現像フリーソフト「Raw Therapee」

RawTherapeeで出来ること

RAW形式の画像を編集して、クオリティの高い写真に仕上げることが出来ます。一般的な画像データはJPEGですが、RAWを使うとさらに高品質。特に違いが出るのが明るさや色の調整です。具体的なメリットは以下のような感じ。

明るさ調整のメリット → 白飛びや黒つぶれを復元できる。
色調整のメリット → ホワイトバランスを後から設定できる。

白飛びや黒つぶれを復元できる

暗すぎたり明るすぎたりしてしまった失敗写真を修正する場合、JPEGよりもRAWの方が有利です。試しにわざと真っ暗に撮って黒つぶれさせた写真を修正して比較してみました。JPEGでは明るさは修正できましたが色がきれいに再現できませんでした。一方、RAWでは色も鮮やかに復元できてます。

白飛びや黒つぶれを復元できる

ホワイトバランスを後から設定できる

写真を撮るときはカメラの「ホワイトバランス」の設定で全体の色合いを決めます。これを失敗して後から修正する場合、JPEGでは完璧に直すのはかなり難しいです。でもRAWデータならホワイトバランスの設定自体を後から調整できるので簡単。撮影のときはピントや構図に集中して、色は後から編集でゆっくり決められます。

その他の機能

RawTherapee には他にもたくさんの機能が揃ってます。写真の編集はこれ1つでカバー出来ると思いますよ。

・画像をシャープにする
・ノイズを目立たなくする
・画像を切り抜く/サイズを変更する
・画像を歪ませる(逆にレンズの歪みの補正も可)
・Exif情報を編集する

紹介したフリーソフト
RawTherapee

…というわけで今回は、RAW現像が出来るフリーソフト「Raw Therapee」の紹介でした。このソフトが無料というのはかなり嬉しいです。カメラ好きなら是非チェックしておきたいソフト。

無料で高機能!写真のRAW現像が出来るフリーソフト「RawTherapee」
この記事は気に入ってもらえましたか?

記事が役に立ったり楽しかったときは、ぜひシェアしてみてください。
なるべく人気カテゴリーの記事を増やして便利なサイトになるように頑張ります!

オススメの記事

おすすめ記事はこちらです。



RSS

RSS登録はこちらから。好きなカテゴリーだけを選んで登録することも出来ますよ。

トップ / プライバシーポリシー
ページトップ